ビートたけしの再婚相手の古田恵美子はどんな人?たけしの元弟子にパワハラで訴えられたヤバい女?不倫略奪再婚の真相まとめ | Treeeeendy!

ビートたけしの再婚相手の古田恵美子はどんな人?たけしの元弟子にパワハラで訴えられたヤバい女?不倫略奪再婚の真相まとめ

ビートたけし

出典:https://news.nicovideo.jp

お笑い芸人のビートたけしさん(73)が、再婚していたことが明らかになり話題になりました。

こちらの記事では、再婚について、再婚相手の18歳年下の女性とは?、世間の反応について触れていきます。

再婚について

つい数ヶ月前に元夫人との離婚が成立したばかりのビートたけしさんの再婚報道に、世間からは驚きの声が上がっていました。

どのような経緯があり再婚に踏み切ったのでしょうか。

再婚報道

 再婚が明らかになったお笑い芸人・ビートたけし(73)が8日、TBS系「新・情報7days ニュースキャスター」(土曜・後10時)で、自ら報告した。

たけしは、同局の安住紳一郎アナウンサー(46)とともに番組冒頭でトーク。「オレも黙っていたんだけれど、兄貴とか姉ちゃんに『ちゃんとしなさい』って怒られて。あんたはそういうところがダメなんだ。あの子はすごいいい人なんだから。お前みたいなやつと一緒になってくれる人なんていないんだよと散々怒られまして」などと話し、結婚を認め「目指すは所(ジョージ)の夫妻。あれくらい幸せになりたいな」と“再婚生活の夢”を語った。

さらに安住アナから披露宴について聞かれると「やると思いますけれども、その頃にはみなさんスケジュールが大変だから隠れて。養老乃瀧(居酒屋)でやりたいと思います」と話していた。

出典:Yahoo!ニュース

どうやら、ご兄弟の後押しがあったようですね。

不倫略奪愛だった?

 たけしは昨年6月、1男1女をもうけ、40年近く連れ添った前妻、幹子さん(68)との協議離婚が成立。前妻とは離婚前から別居しており、Aさんとは8年前から交際。

出典:SANSPO.COM

今回再婚されたAさんとは、8年間交際しているようですね。

ビートたけしさんの前妻幹子さんとの離婚が成立したのが2019年6月だったので、別居中で婚姻関係がありながらの交際8年であると見られます。

この事実に対して世間からは「不倫」「略奪婚」などと言われています。

元嫁の駆け落ち不倫とは?

ビートたけしさんの元夫人・幹子さんとはどのような方なのでしょうか?

北野幹子

出典:https://twitter.com

Profile 北野幹子(きたの みきこ)

  • 旧姓 松田幹子
  • 生年月日 1951年
  • 出身地 大阪府
  • 元職業 女性漫才師

1971年に『司ミキ』という芸名で漫才師としてデビューされたようです。

漫才師として活躍中に、ビートたけしさんと出会い、しばらくの同棲を経て1983年に入籍されました。

おふたりは夫婦漫才で共演したこともあるようです。

ビートたけしさんが売れない間、幹子さんはスナックでバイトをして家計を支えていたようです。

最近の幹子元夫人の画像はこちら。

北野幹子

出典:https://twitter.com

幹子さんと結婚後、売れていたビートたけしさんは非常にモテたようで、「結婚生活のなかで自宅に帰ったのは4回だけだった」などと話しているようで、幹子さんは相当寂しい思いをされたのではないでしょうか。

そんな幹子さんが、一度だけ浮気をされたようです。

相手は幹子さんが漫才師をしていた時から付き合いのある古い友人で、当時松竹所属で上方落語協会員の笑福亭枝鶴(5代目)だったようです。

5代目笑福亭枝鶴

出典:http://twitter.com

「駆け落ち不倫」と言われていましたが、駆け落ちではなく「家出」のようなものだったことからこのような名称が付いたようです。

お子さんが居たので、奥様がいないと家庭内がうまく回らなかったようで、ビートたけしさんは、家出した幹子さんを迎えに行ったそうです。

再婚相手の18歳年下の女性とは?

今回再婚されたA子さん。

幹子さんと婚姻関係にあったビートたけしさんと8年間も交際されていたという、ある意味かなり図太い女性ですが、どのような人物なのでしょうか?

『T.Nゴン』のビジネスパートナー?

たけしは18年3月にオフィス北野(現TAP)から独立し、同4月から彼女と設立した個人事務所、T・Nゴンに所属して活動。同社取締役のAさんはマネジメントでもたけしを支えている。

出典:SANSPO.COM

なんと、ビートたけしさんの個人事務所『T.Nゴン』の取締役としてお仕事をされている女性のようです。

A子の本名は?

週刊誌では“A子”“横井喜代子(仮名)”とされていて、一般人なので実名は報じられておりません。

しかし、ビートたけしさんと再婚相手A子さんが経営する事務所「T.Nゴン」の法人登記を見ると、本名がわかりました。

ビートたけし 再婚相手 A子 本名

出典:https://twitter.com

「古田恵美子さん」で間違い無いと思われます。

更に、こんな記事も見つけました。

 恵美子さんは、通称「エミゴン」――。たけしは、今年3月に独立、恵美子さんと2人で設立した「T、Nゴン」の所属になった。社名の「ゴン」は、彼女の愛称に由来する

出典:週刊0510

古田恵美子プロフィール

古田恵美子

出典:https://twitter.com

Profile 古田恵美子(ふるた えみこ)

  • 年齢 55歳(2020年再婚時)
  • 出身地 熊本県
  • 職業 会社役員

古田さんの父親は、大手広告代理店役員でした。

父親は世間から「強引」「でしゃばり」「強欲」と評価されていたようで、会社役員だけでなく県議に立候補し当選を果たしています。

このような父親のもとで育てられたためか、古田さんはお金に困ることは一切なく、古田さん自身もお金に対してかなり「強欲」だと言われています。

もともとは銀座の著名クラブ『姫』、でホステスをやっていました。そんな出会いのなかホテル業の男性とつきあうようになり、ビジネスパートナーを務めていた。たけしさんとは、元ラグビー選手が六本木でやっているクラブで出会った。細身の美人で頭が良く、強気の彼女をひと目で気に入ったそうです」(芸能プロ社長)

出典:週刊0510

古田さんは、銀座ホステスをしながら、パトロン作りの天才という評判で、当時の銀座隈ではちょっとした有名人でした。

とにかくお金のことしか考えておらず、金を持っている客がくると目の色変えていたようです。

誰よりも早いスピードで 『 親密な関係 』になって、億単位の投資をしてもらっていたそうです。

そのおかげで、以下のような経歴もあります。

 

  • 2009年 ホテル事業会社設立・役員就任
  • 2013年 関西ホテルのスーパーバイザー就任

ビートたけし 再婚相手 古田恵美子

出典:https://twitter.com

ビートたけしさんと出会った頃も、「高齢になった彼の『 下の世話して女帝になる 』」と酎ハイを飲みながら絶叫していたようです。

ビートたけしの元弟子に訴えられた?

ビートたけしさんには、元弟子で運転手を務めていた男性がいました。

石塚康介

出典:https://twitter.com

名前は石塚康介(いしづか こうすけ)さん

石塚さんは、「時間外労働を強いられた」とし、ビートたけしさんの所属事務所『T.Nゴン』の役員である古田恵美子さんをパワハラ容疑で訴えていました。

 タレント、ビートたけし(72)の元弟子で運転手だった男性が、たけしが所属するT.Nゴンの役員からパワハラを受けたなどとして、約1000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が16日、東京地裁で開かれた。

この日は被告側が今回の件を報じた「週刊新潮」などを証拠として提出。地裁側は原告側に違法行為を整理した書面を提出するよう求めて終了した。出廷した男性と弁護士は報道陣の取材に、「時間外労働などを強いられた」などと説明。一方の被告側は先月、「不当訴訟」との文書を報道各社に送っている。

出典:SANSPO.COM

詳しい内容を調べてみたところ、以下のような内容が浮上しました。

 

  • 休日・深夜に関係なく仕事の連絡がある。
  • 緊急連絡が頻繁に来るため24時間監視状態。
  • 不当な扱いを受けたことを古田さんに抗議すると、「石塚がぁ~」とビートたけしさんに泣きつき、まともに議論が出来なかった。

どうやら、石塚さんはビートたけしさんのことが大切で大好きだったようですが、古田さんが原因で退社されたようです。

このままではビートたけしさんが孤立してしまうと恐れ、意を決して訴えを起こしたそうですが、残念ながら今回結婚されてしまいましたね。

世間の反応

この人は長い間不倫してたのに叩かれないね…
前妻さんいいなぁ
お金は沢山貰えたのに介護は今嫁が引受てくれるんでしょ?
本人はよくても、この愛人のために家族と仕事仲間を捨てたんでしょ。
周りに疎まれて、良い人生と言えるのかなぁ